観葉植物のを育てること

観葉植物を育てたことがあるという人は多いです。



殺風景な部屋も観葉植物を置くだけで部屋に彩が生まれ、心地よい空間になったりします。


CMなどを見ていると、そこにはおしゃれで背の高い観葉植物が飾られていますが、置くだけで素敵な空間になっていくのです。
そんな観葉植物ですが、育てるのはちょっとしたコツがあります。



もともとは亜熱帯の植物ということで、寒さには弱いのです。



ですから晩秋の季節からは部屋で管理したほうがいいです。

よくうちはそこまで寒くないからと戸外に置いたままにしている人がいますが、枯れるまでにいたらなかったとしても植物には厳しい環境には違いないのです。



そして冬場の水遣りですが、かなり少な目にしないといけません。



気温が10度下回る時期には休眠状態にはいっているので、お水も2週間に一度程度で大丈夫です。いつもと同じ状態にあげてしまうと根が冷えて枯れる原因となります。


4月から5月くらいになると活動期がはじまってくるので、そのぐらいに植え替えてあげるのは理想です。植物の栄養というのは、土から得ていますから毎年、新しい元気な土に変えてあげるのも植物のためには大きいです。

そのときは、余分な根や絡まった根を切ることが必要です。植え替えてしばらくは、直射日光が当たらないところにおいて休ませることが必要です。


その後はきっと新芽がでてきて夏場もきっと元気に乗り越えてくれるでしょう植物は表情はないですが、大切に育てるといつまでも元気でいてくれるのです。



関連リンク

  • 観葉植物を一度くらい買ってみたことがあるという人は多いと思いますが、ずっと元気な状態で維持させているという人は、ぐっと減ってしまうかもしれません。観葉植物は亜熱帯の植物が多いので、気温の高いときでしたら、たいした世話をしなくても元気な状態でいられるのですが、冬場の寒さはとても苦手なので、寒い季節になったら育てかたのポイントがあります。...

  • 観葉植物にも色々なタイプがあります。まずは床置きタイプです、これは比較的大きなもので部屋の中では絶大な存在感があります。...