観葉植物の育て方について

観葉植物を一度くらい買ってみたことがあるという人は多いと思いますが、ずっと元気な状態で維持させているという人は、ぐっと減ってしまうかもしれません。

観葉植物は亜熱帯の植物が多いので、気温の高いときでしたら、たいした世話をしなくても元気な状態でいられるのですが、冬場の寒さはとても苦手なので、寒い季節になったら育てかたのポイントがあります。


まずは気温が10度きるようになったら家の中で育てるのが基本です。



その中でも日が当たるリビングに置いておくのがいいのです。



さらに、水やりにも注意が必要です。


夏場は活動期なので土の表面が乾いてきたらお水が必要だということです。

夏場は34日おきにはあげたほうがいいです。あげるのも鉢のしたから水がでるくらいお水をやったら、しっかり水を切ることが必要です。
ときどき水の受け皿に水を入れっぱなしにすることがありますが、雑菌が繁殖してしまうので、受け皿には水はない状態にしておいたほうがいいのです。



夏場は比較的水を多めにあげたほうがいいですが。

11月くらいからは観葉植物は休眠状態になるので、水は極力あげないほうがいいです。

2週間に1度とか葉が下むきになってきたらたっぷりとあげる程度でいいのです。



水のあげすぎによって根が弱ってしまったり腐ることで植物が枯れてしまうことがあるので、あげすぎるくらいだったらあげないほうがいいのです。



さらにできたら毎年、植え替えたほうがいいです。
植物の栄養というのは土から採れるので、1年に1度栄養たっぷりの土をいれたほうがいいのです。



関連リンク

  • 観葉植物はインテリアとしてもよいですし、見る人の気持ちをいやしてくれるものです。とくに、都会のマンションなどで緑が少ないエリアに住んでいる場合は、観葉植物が自宅の中にあると、緑を見ることで癒されることが多いでしょう。...

  • 観葉植物を一度くらい買ってみたことがあるという人は多いと思いますが、ずっと元気な状態で維持させているという人は、ぐっと減ってしまうかもしれません。観葉植物は亜熱帯の植物が多いので、気温の高いときでしたら、たいした世話をしなくても元気な状態でいられるのですが、冬場の寒さはとても苦手なので、寒い季節になったら育てかたのポイントがあります。...